注文住宅で長期的に使える家を

住宅を建てるとき、現在の家族構成だけを考えて建てる人は少ないのではないでしょうか。
よく先のこととして考えられているのは、子供ができた時、または子供が成長した時ですが、それだけででなく、様々な対応を考えておくと、後に役立つかもしれません。

注文住宅を建てようと考えられているなら、長期的に使える住宅を考えてみてはいかがでしょうか。注文住宅なら、もちろん今の理想にあわせて建築されるはずです。

その理想の住宅を考える時、少しだけ後に変化できるようにすれば、将来の家族構成の変化にも対応しやすくなります。

例えば、子供が成長して夫婦二人暮らしになるかもしれないという場合、空いた部屋を賃貸にするという使い方もあります。



その場合、水回りなどを2世帯住宅にしやすいようにしておくと、後のリフォームがしやすくなります。



賃貸だけでなく、子供が結婚して住むにしても、2世帯住宅にできたほうが便利ですし、2世帯というより2軒に分けて1軒を売りに出すという方法もあります。



他にも税金対策なら、家族が少なくなった時のことを考えて、住居スペースの面積を狭くしやすいようにしておくのもいいでしょう。


3階建てより2階建て、さらに平屋のほうが、住居の面積が狭くなるので固定資産税が安くなります。


注文住宅というと、趣味のスペースや理想のキッチンなど、今の好みに合わせることを考えがちです。当然、わざわざ注文するのですから、そのことはとても重要なことなのですが、それにプラスして、後のリフォームについても考慮して建てると、きっと長期的に使いやすい住宅になるでしょう。